フロントエンド開発について語ろう

フロントエンド開発に求められるSEの役割

Webサービスの内容が複雑になるに連れて、開発に携わるスタッフの役割分担が進んできました。各分野の専門技術者が協力することにより、一つのWebサービスを構築するケースが増えています。これまでは、Webサービスを提供するための実質的な処理を行うバックエンドは、SEが担当し、ユーザーが直接触れることになるユーザーインターフェースは、Webデザイナーが担当するという役割分担ができていました。

しかし、最近のWebサービスのユーザーインターフェースに柔軟なインタラクティブ性が求められるようになり、従来の静的なインターフェースでは評価されないようになっています。そのため、これまではWebデザイナーが担当していたフロントエンドの開発について、SEが関わることが求められています。このことから、SEは、ユーザーインターフェースのデザイン技術について習得する必要が出てきています。またさらに、WebデザイナーとSEとしての技能を持つフロントエンドエンジニアの仕事が確立されつつあります。

Webサービスについて、ユーザーからの見た目や使い勝手に対する評価は厳しくなっているため、今後はさらにユーザーインターフェースにクオリティと柔軟な対応力が求められることになります。そのため、WebデザイナーとSEの連携を密にすると共に、さらに両方の素質を兼ね備えたフロントエンジニアの活躍の場も、Webサービスの開発現場では増えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です